2019年10月12日土曜日

ルート・ブリュック





東京駅の中のギャラリーなのです



今回は5月に開催されていた展示
ルート・ブリュック 蝶の軌跡
の感想など。











東京ステーションギャラリー




ルート・ブリュック(1916-1999)は
フィンランドを代表するアーティストで
50年にわたる活動の中で
セラミックやテキスタイルなど
多くの作品を手がけました。

初期の陶板作品の
花や蝶などの具象的なモチーフから
後半では幾何学的な抽象作品へ。
作風が大きく変わっていくところが
魅力でありまたミステリアスでもあります。












メインビジュアルになっているライオン


パーツのユニークさに惹き込まれます








個人的にツボだった建物シリーズ


切り取り方もかっこいい



そして釉薬の美しさ










印象的だった棺がモチーフの作品











この辺りから変化が




幾何学寄りになっていきます




でもまだこの辺りはカラフル






やがて色もなくなり陰影に






形もほぼ無くなります




やわらかい作風から硬質な作風へ
こんなに変わっていくものだから
作家の人生において何か大きな出来事が?
・・・と勝手に想像してしまうのだけれど
棺作品の頃の父親の死を除くと
作家活動に理解ある夫や子供にも恵まれ
すてきな家に暮らし世界中を旅したり
その時代の女性アーティストとしては
恵まれている方のような。
(無論なにかしら困難はあったでしょうけれど)

もしかしたら
生活が地に足ついていたからこその
作品においての大冒険だったのかも

・・・などと思いめぐらせてみたりして。




本当に見て良かったなと感じた展示でした。












祝・令和元年の垂れ幕






2019年10月6日日曜日

Sony Park



数寄屋橋交差点



久々にSS blogの更新です。

フォルダーをあさっていたら
5月のGinza Sony Parkの写真が
ちょっといい感じに撮れていたので
今回はこれで行こうと思います。












エルメスのガラスブロックがきれい




数寄屋橋交差点の顔としてお馴染みだった
ソニービルの営業が終了したのが2017年。
そして新しいビルの建設に着工するまでの
2018~2020年は
 「銀座の街の中心に公共性の高い余白のある場所を作り
 世の中を巻き込んで新たな発信を行っていく」
というコンセプトで
現在は跡地がオープンスペースになっています。


もともとソニービルの建物が好きだったので
現在どうなっているのか少し気になっておりました。











西畠清順プロデュースのアヲGINZA TOKYO




植物は購入もできるそうです





背景に不二家とエルメス






ここから地下へ移動






Sonyらしいエントランスデザイン





この日は「水畑」の企画展示が開催中





銀座の地下水で育てた植物とのこと





人の声や音に水の波動が連動しているのだそう





何だかわからないけれどきれい





遠い異国の奇妙に迫力のある植物を
都会の真ん中に持って来たり
その地下に浸み出す水を汲み上げて
植物を育てたり

よくよく考えたら
不自然極まりないのですが
こういうものに惹かれてしまう自分の
地に足ついてない感。













あまりなついてくれなかったAIBO



何はともあれ
かっこいいSonyになっていくことを
願っておる次第。














自己紹介

自分の写真
Tokyo, Japan
SleepySheep(フェルト作家) www.sleepysheepsoap.com/